シカゴぼっち

シカゴ郊外に在住。夫に息子ふたりの4人家族。

アメリカで小切手はまだ使われているのか

今日の記事は、すでにアメリカに住んでいる方にはつまらないかもしれません(;^ω^)💦

少し前に、これからアメリカに駐在で来る予定の知人に聞かれた質問がタイトルにもある「アメリカで小切手はまだ使われているのか」でした。

f:id:Chicagobocchi:20180320131502j:plain

 どうやら彼女のご主人の会社からの説明会?のようなもので「アメリカでは小切手が使われていて、通帳記帳する機械はなく、みなさん手書きで使用金額などを書き込み残高を把握しています」と言われたそう。

で?実際どうなのよ?

と、わたしに連絡がきたのです。

私からすると、この質問自体が新鮮だったのですが、意外とアメリカで暮らしてみないとわからないことかもしれないので、これからいらっしゃる方の参考に少しでもなればと思い、あくまで我が家の場合は、というくくりにはなりますが、書こうかと思います。

結論から言うと

チェックは使うけど(少なくとも私は)手書きで通帳代わりのものに記入して残高を把握してはいません。

残高チェックはMintPersonal Capitalでもできますし、銀行のオンラインバンキングのサイトからも簡単に見れます。

それに、チェックを頻繁に書くのは思いつく限り息子の学校の支払いくらいでしょうか。

前回の赴任時は、大家さんへの家賃の支払いもチェックでしたが、今はZelleで払っています。(これについては後で書いてます)

水道光熱費

水道光熱費(電気、水道、ガス)の支払いは、しばらくはチェック(小切手)を請求書が来てから送付していましたが、それだと封筒代もかかるし、切手代もかかります。それにうちの銀行は、チェックブックも初めに口座をもらって2,3冊もらい、それを使い切って再オーダー時は、お金を払わなくてはいけません💰 まぁ、1枚1枚のチェックに換算すると微々たる額ではあるのですが、そこはスマートに行こうと、我が家では水道光熱費は自動的に銀行のChecking Account(当座預金)から引き落とされるように設定しました。 なお、設定の仕方については各自治体の担当者に尋ねるのが一番かと思います。

ちなみにネットとテレビ、私のスマホ代はクレジットカード払いです。

家賃

家賃はZelleというサービスを介して大家さんに毎月払っています。
これはPaypalのようなものですが、多くの銀行と提携しており、銀行のサイトから直接送金できます。手数料はかかりません。
もし、お金を送った相手の銀行がZelleに対応していなくても、アプリをダウンロードして、登録すればお金を受け取ることができます。
詳しくはこちらで説明されています

医療費

我が家はHSAを今年から利用しているので、医療費の支払いは、HSA専用のデビットカードを使用します。

しかし、アメリカは治療を受けてしばらくしてから請求書が来ることが多いです。
その際、チェックと、その請求書の一部を切り取って、送り、料金を支払うこともできますし、最近ではオンラインで支払いできるところも増えています。
オンラインで支払う際は、クレジットカード、またはチェックに記載されているRouting numberとAccount numberと呼ばれるものをサイトで入力して、銀行口座から引き落としてもらうこともできます。
(うちの利用している病院はネットでクレジットカード決済をすると手数料が取られるますが💦)
そして、請求書にこういう欄があったりします。↓

f:id:Chicagobocchi:20180320133631j:plain

所定の位置にクレジットカード情報を記入して、送り返すとクレジットカード決済もできます。
利用しているシステムにもよるとおもいますが、うちの利用している病院の場合、この手書きでクレジットカード番号(またはデビットカード番号)を書いて送り返す場合は、手数料がかかりません。

スーパー

わたしはスーパーでは、ほぼほぼクレジットカード決済です。
私は近いこともあってTargetをよく利用しますが(食料品は買わないのですがw)、5% OffになるTargetのクレジットカードを持っていて、そのカードの情報をiPhoneのWalletのアプリにいれているので、そのアプリを起動して、スキャンすると支払い完了です✨

去年のクリスマスに、友人がカンザス州のド田舎に帰省中、スーパーでチェックを使っているおばあさまを見たらしく
「まだチェック使ってるよ!さすがカンザス!(意訳)」
と私にわざわざテキストしてきました(笑) チェックをスーパーで利用している人はいるにはいるけれど、とても少ないことがうかがえるエピソード。特に大きめの街に行くと、チェックを使って買い物する人はほとんど見ないと思います。
逆にPersonal Check(普通の人が使う小切手)は、ここでは使用できません、というお店も中には存在します。

デザイン

クレジットカードに、好きなデザインを選べるものがあるように、チェックも好きなデザインが選べるものもあります。
私は夫婦共同の口座は普通の銀行のマークですが、個人の銀行の小切手は卒業した大学のロゴが入っています。ほかにもディズニーのキャラクターや動物のものなど、いろいろデザインも豊富です(*‘∀‘)

え、じゃあキャッシュはいつ使うのよ?

わたしは現金を一応30ドルくらい持ち歩いてはいますが、ほぼ使うことなんてありません。思いつく限りで現金を使ったのは、個人でモノを売買したときか、ホテルのお部屋を掃除してくれる人に渡すくらい…でしょうか。
レストランでさえ、チップはカードで食事代を一緒に支払うことが多いです。

 

 

 

我が家の支払い事情はこんなものです。
もし、ほかに「うちはこんなものにもチェックを使って支払いしてるよ~!」というのがあれば、ぜひ教えてください!(*´꒳`*)

 

クラウドソーシング「ランサーズ」