シカゴぼっち

シカゴ郊外に在住。夫に息子ふたりの4人家族。

昨年のハロウィンで学んだこと

さて、先日、正座で安室ちゃん最後の紅白を見て、おせちを食べたはずが、気が付けばもう10月ってどういうことですか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

昨年、ハロウィンへ行った後にブログに書いていたものの、すーっかり忘れていて、Upしていなかったのを、今更ながら…なので、話はすべて去年の話です。
今年、初めてシカゴ近郊でハロウィンを迎えようとしているどなたかの参考になれば幸いです。

f:id:Chicagobocchi:20181005055226j:plain

 無料のTrick or Treating

わたし、昔の家やら農場の雰囲気が大好きなんです。だからAmishとかもすごい興味があります(急にw)
SchaumburgにVolkening Heritage Farm at Spring Valleyという1880年代の農家?があり、当時のトイレやおうちの中の様子がわかり、さらに実際にBlacksmithや農場もやっているんです!(今はSchaumburg Park Districtが管理しています) しかもSpecial Event以外は無料ときた。行きたくてもなかなか行く機会がなかったのですが、そこで31日の3時~6時にお菓子を配ると聞いて、息子たちと行ってきました!

昔のトイレの中に魔女に仮装した人がいたり、なかなか楽しかったです!しかも無料!
皆さんがお住いの地域にもそういうものがあるかもしれないので、サイトなどをチェックしてみてください😊

防寒

去年のハロウィン🎃は寒かった!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

昨年の長男のコスチュームは彼の強い希望でスーパーマンだったのですが、なにせ寒くて…下に数枚着たのですが、それでは足りなくて、ジャケットを上から羽織ることに…そうすると、いったい何のコスチュームなのかわからないっ( ;∀;)

なので今年はコスチュームの下に厚着できるように、少し大きめサイズを買おうかと思っています。
(↑その場合、当日が寒くないとブカブカで、みすぼらしいという難点も…)

ちなみに、次男は私がThrift storeで見つけたプーさんのコスチューム。

f:id:Chicagobocchi:20181005061831j:plain

上着は着れませんが、下の服を調整すればよかったので、融通が利きました。
ただ、2歳前の息子には歩きにくかったようで、本当によく転んでました💦
(転んでも、プーさんのおなかの綿が息子を守ってくれるという棚ボタもw)

家をまわる

Spring Valleyから帰宅し、ごはんを軽く食べた後、またコスチュームを着てご近所を回ることに。
その時点で我が家にお菓子をもらいに来た子はZERO。
さらに親は一人は家に居て、Visitorsにお菓子を配り、一人は子供たちについていかなくてはなりません。
うちの夫は、こういうことはやりたがらないので、有無を言わさず私+子供でご近所を回ることになりました。

しかし、一番緊張したのは最初の一発目! 一軒目!
一軒目に行こうと歩いていると、もう1組の緊張しているお母さんと息子さんと出会い、その方たちと一緒に回ることに!

一発目はほかの方が一緒でもやはり緊張しました。でも一軒目で勢いをつけると、怖いものなしです✨

子供たちも一軒目はイマイチよくわかっていなかったのですが、2軒目から要領がつかめて、ノリノリで”Trick or Treat!”と言えました(´艸`*) 
しかし、気を付ける点として、勢いづいた子供たちが、走ってハロウィンに参加していなさそうな家(家の前の電気が消えている/飾りも付けていない)にもピンポンをしてしまい、焦ったりも(;'∀')💦 幸い、その家の方がいい人でお菓子(しかも高いやつ)を頂くことができましたが、今年は気を付けようと思います。

我が家に来たこどもたち

我が家にも子供はそこそこ来ることを想定して、けっこうな量のお菓子を用意しておりました。

しかし、家に来たのは 8組のみ😂😂

用意していたお菓子のほとんどが余るという事態に😨
うちの近所は子育てを終わったような年齢の方が多く、子供が少ないということもありますが、1番に考えられるのは

外の装飾が玄関前のみだったため、子供たちが気が付かなかったと思われます💦
(我が家の玄関は奥まっているので、道からでは見えずらい)

ほかのうちと似たような間取りの家は、ガレージ付近のライトにリースをつけたり、Drive wayの前に大きいパンプキンを置いたりしていました。
我が家も、今年はそのような対策を取り、お菓子を配りまくろうかと思います🙋

それでも来なければ…来年はまた地味に戻しますw

そしてアレルギーがある子供たちが来た時のためにキャンディー以外にもTargetの$1セクションにあるパズルや、消しゴムなども一応用意していました😊(←結局1つも配らず😨)

余ったキャンディは

昨年も書いた気がしますが、余ったキャンディ、子供に食べさせたくない/アレルギー等で食べられないキャンディーを頂いた場合は、歯医者さんなどで買い取ってくれることもあります。
近くのどこの歯医者さんが買い取るか、ここのサイトで検索できます

 

以上です!

今年は昨年ほどハロウィン🎃当日が寒くならないでほしいと願うのみ…
皆様も安全に楽しいハロウィンを迎えてください!

 

クラウドソーシング「ランサーズ」