シカゴぼっち

シカゴ郊外に在住。夫に息子ふたりの4人家族。

5歳の息子が大好き!な絵本リスト

いけね、いけね💦

ブログまたさぼってました…!💦

自分の記憶力がないせいで「ネタ見つけた!」と思っても、PCの前に座るときれいさっぱり忘れています…

さて、前に絵本嫌いな次男が好きな絵本をリストアップして、すごく楽しかったので、5歳の絵本好きな長男編!

ちなみに長男は本が好きです。休みの日に、わたしが次男を昼寝させていると一人で図鑑を見ていたりするタイプです

※この記事には一部アフェリエイトリンクが含まれています。詳しくはこちらをご覧ください

宮西さんのこの恐竜シリーズは何冊も読みましたが、息子も私も大好きです。
どれも胸がじーんと熱くなり、ほろりとする、激押しの一冊です!

楽天にももちろんあります。

  • せんたくかあちゃん

 

1978年に発売されて、2018年に89刷がでたロングセラーです。おかあちゃん、洗濯板で洗濯しているんですよ…! かみなりさまが出てくるのですが、それが長男には楽しいらしく、よく選んで読んで、と持ってきます。読んであげるなら3歳から、読みやすい本です。

楽天はこちら

これは私も小さいころ大好きでした! 臆病な豆太とじさまの心温まるお話です。1971年に初版のロングセラー。そして素敵なお話もさることながら、切り絵も素晴らしい。そしてじさまのために勇敢になった豆太がラストで見せる可愛さにほっこりします😊

楽天はこちら

マングースのマリールイズがお母さんとケンカして、家出をして、新しいお母さんを探しに旅に出るお話です。きっと多くの人が親とケンカした時に感じたであろう「ほかのおかあさんならよかったのに…!」というのを可愛らしく絵本にしたお話です。※ハッピーエンドです。
楽天はこちら

フランスに住む夫人のもとに、息子さんからへびが届くことからお話が始まります。
絵もとても可愛らしく、きれいで、ストーリーとともに読み聞かせをしている大人も楽しめる一冊です。こちらは前回の次男お気に入りの本にも入れましたが、長男もかなりお気に入りで読んでいるので、こちらにも入れました。
楽天はこちら

可愛らしいいぬのベンジーがメアリーおばさんとお留守番中に勘違いから船に乗り込み、そのまま船が出港します。船の上でのベンジーの冒険のお話です。
ほっこり、家族っていいね、となる絵本です。
楽天はこちら

個人的には挿絵の美しさと細かさが魅力の絵本です。大量に出現したハチの大群を駆除するべく村人を総動員するお話です。絵本の世界ならではの、スケールの大きいストーリーです。Amazonのレビューでは、「2度と読んで言われなかった」と書いている方もいらっしゃいましたが、うちの息子はとても気に入っていて、よく読んでいます。

楽天はこちら

願いが叶う魔法の小石を拾った子供のロバのシルベスターは、小石をもって帰る途中、ライオンに会ってしまいます。シルベスター親の気持ちに読んでいる親のほうも感情移入してしまいます(私だけ…?) 絵も、色彩がとてもきれいな本です。

楽天はこちら

作・絵がやなせたかしさんです。間違いないお話です。
悲しいお話のように感じますが、やさしさと強さと、親子の絆についての本です。
これはかなりおすすめの一冊です。読んでない方がいましたら是非!

楽天はこちら

これも、私が小さいころに読んでいた本で、有名だと思います。
小学校の学習発表会では、これを題材にした歌をうたった記憶があります。

これは次男も一緒に仲良く聞いてくれます。親子そろって楽しめる、色あせないお話です。読みながら、くすくす子供たちが笑ってくれるので、読んでいてもとても楽しくなるお話です。シリーズでほかのお話もあるので、それも欲しいです。
楽天はこちら

和尚さん、やまんば、小僧が出てくる日本の昔話です。アメリカに住んでいると日本の昔話と出会う機会が少ないので、我が家にある貴重な一冊です。

登場人物の話し方が方言で、生き生きとしています。「親の言いつけは守れ」という教訓を教えてくれるお話です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あおい玉あかい玉しろい玉 日本のむかし話 [ 稲田和子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/7/28時点)

楽天で購入

 

これも有名な作品ですよね。わたしも小学生の時に図書館で借りて読んだ記憶があります。モンゴルの馬頭琴という楽器ができたいきさつのお話です。
事実なのか、伝説のようなものなのかはわかりませんが、悲しいながらもほっこりする優しいお話です。
楽天はこちら

弱虫のラチという男の子がライオンと一緒に強くなっていくお話です。読み終わったあとにほっこりします。買ってすぐにすごく気に入って4日連続で(!)読んで、と寝る前に選んだ本です。今はさすがに毎日は持ってきませんが、やはり定期的に持ってきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ) [ マレーク・ベロニカ ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/7/30時点)


 

 

これも私が小学校の時に持っていた本です。懐かしくて息子にも買いました。
息子は「おしいれ」にあまりピンと来ていませんでした(^^;)特に上下二段に分かれているところww 夫の実家にも私の実家にも、もうそのような押入れがないので、説明しました。そういうところでもふと文化の差を感じます。

お話を聞きながらいろいろと想像して楽しいようです。
しかしながら、けっこうな長さの本なので、これを読めるのは夫がいて、次男は夫が読み聞かせる日、なおかつ私が元気な時に限ります(^^;) 

楽天はこちら

そして、最後に。

最近義母が送ってくれたこの本↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本のおはなし 全30話 (よみきかせおはなし集ベストチョイス) [ 西本鶏介 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/30時点)

楽天で購入

 

 日本のおなじみの昔話30話が入った本です。
けっこうな重さですが、有名なお話は網羅されています。
海外にいると、日本のおはなしに触れる機会が日本にいるよりも少ないので、意識して聞かせるようにしているので、この本はとてもいいです😊

挿絵もお話によっていろいろな方が描いているので、飽きません。
重いのが残念ですが、これから駐在などで子連れで海外に行く方は、ぜひ引っ越し荷物に入れることをおすすめしたいです。
Amazonはこちら

 今回は日本語の本だけの紹介になりました。
ブログを書きながら、ついつい絵本で読んでしまい、書き始めてから仕上がるまで5日もかかりました…💦ww

 

絵本は、子供の時に読んでいたものを子供と一緒に読めることがとてもいいです。そして、私のころにはなかった本、読んだことがない本を息子と一緒に読むのも楽しい!

母が童話館の配本サービスで、毎月新しい絵本が届くものをやってくれているのですが、毎月どの本が届くのか、息子も私も楽しみにしています。
「本を買いたいけど、どの本がいいのかわからない、選ぶ時間がない」という方にはおすすめのサービスです(←回し者ではありませんw)

ほかにも「この本、うちの子が好きです!」という本があればぜひ教えてください(*'▽')